シトルリン飲むとペニスが巨大化するのはウソ!1~2cmくらいまでなら可能

ペニス増大サプリに、ものすごく大きくなった写真が掲載されてるけど、あれってまずあり得ないらしい。

suika

日本で1930年にスイカから発見されたというアミノ酸の一種である「シトルリン」。
通称、スーパーアミノ酸と言われペニス増大サプリの筆頭成分になっています。

でもね、粗チンがビッグマグナムになるわけじゃない!

ペニス増大サプリのサイトを見ると、いかにも飲んだら巨大化しましたって写真あるけど、実際はあれないですよ。
最長時の長さが12センチあまりの僕にとては、心も粗チンも引かれる思いですがそこは少し冷静になって購入するまでには至りませんでした。

だって、5センチとか8センチとか大きくなったという体験者はまずいないからです。
いいとこ、1センチ2センチでした。

だから、ペニス増大サプリ飲んでビッグマグナムにはなれないってこと、肝に銘じておかないと。
増大サプリって、平気で10,000円とかするから費用対効果が薄いってわけです。

それなら、一般的な精力系サプリを飲んで固く強く大きくなった方がいいですから。
コストがあまりかからず効果の期待が持てそうな精力系サプリではここのランキングがまぁまぁまともでした。

やっぱり、マカが関わっているものがいいのかもしれません。
あ、そう話しを戻してシトルリンでしたね…

なぜ、スーパーアミノ酸って言われているの?

スーパーが付くってことは、ただの特別的なアミノ酸であることは間違いありません。
なぜ、スーパーがついてるのかって言うと、それはシトルリンには血管を拡張して血流をブンブン促進する作用があるからで。

まぁ、これ見てもらったらわかるでしょう。
シトルリン研究会っているサイトに掲載されていたものです。

super出典:シトルリン研究会 http://www.citrulline.jp/about/citrulline/amino.html

どこの誰だかしらないけど、シトルリン研究会てちょっとあやしそうなサイトだな~って、いろんなページ見ていたらシトルリン研究会って、協和発酵バイオが運営しているようです。

協和発酵バイオさんといえば、シトルリンを作ってる会社ですよ。
まぁ、シトルリンだけじゃなくアルギニンとかも作っていますが。

協和発酵バイオさん的に「増大」効果はどうなってるのか?

残念ながら、そういった表現は一切していませんでした。
動脈硬化予防とか、やる気向上とか、差しさわりない表現ばかりですが、あえて増大に近いというのは、筋肉量アップや持久力などのパフォーマンスアップ、脳血流アップによる集中力アップ、このあたりでしょうか?

これ、いいように捉えれば、ペニスの血流アップして増大!って受け取り方もできるわけで、それによって世の中の怪しいペニス増大サプリ販売会社が派手派手に宣伝してるっていうことでしょう。

ペニスを増大させるにはどうしたらいいのか?

1~2cmならマカ系サプリ、それ以上なら手術でしょう。
チントレでも多少大きくなるようですので、マカ系サプリと併用すれば効果が期待できそうです。

ペニスそのものを増大させるのは、正直限界があります。
なので、解決策としてはコンドームを2枚重ねにするや分厚いコンドームを使うとかです。

長さはあきらめて、太さではこれで2ミリくらい大きくなることが可能です。
コンドームによっては、イボイボや粒粒がついてるものがあるので、手っ取り早くパートナーにがっかりさせたくないというならコンドームを工夫するのが一番でしょう。

結論

ペニス増大サプリ飲んでも、思ったほど増大できない!
1~2cm増大したいなら、マカ系サプリを飲め!
すぐになんとかしたいなら、コンドームの重ね装着や厚みのあるものイボイボを使え!

押忍っ!

SNSでもご購読できます。